何故結婚式をするの?

かねてから、花嫁衣装を着ることは、女性にとっての憧れと言われてきました。
しかしながら、近年では、「なし婚」や「ジミ婚」がブームとなり、結婚式をしないカップルが増えてきているという話です。

宗教的な儀式として行なわれる結婚式には、神様や仏様に、結婚の誓いを立てるという意味が存在します。
そういう風に、結婚式と宗教には、元来深い関係があり、日本では、神前式や仏前式の結婚式が多く行なわれてきましたが、近年では、宗教にかかわらず教会式の式を挙げるのが主流となっています。

また、結婚式では、血縁関係やプライベート、ビジネスで付き合いのある人たちが集まり、結ばれる二人を祝福しますが、日ごろから世話になっている人たちに結婚を報告し、感謝の気持ちを込めてもてなすという意味も存在します。
そして、式を挙げれば、日ごろ世話になっている人たちに、結婚相手を紹介できますが、結婚式をしない場合には、結婚の報告とあいさつをするために、その人たちの元を訪れて回る必要があります。

また、言わずもがな、結ばれるカップルが、結婚式の主役になりますが、日ごろから世話になっている人たちに、感謝の気持ちを持つことも大切です。
式の準備をする際には、そういった事情を踏まえて、ドレスや式場のほかに、交通の便や料理などに気を配ることも大事になります。

このカテゴリーでは、結婚式を行なう理由などについて解説してまいりますので、チェックしてみて下さい。

Copyright © 2014 結婚式を挙げる理由 All Rights Reserved.